会社設立

株式会社の設立方法、手続きや必要書類の説明、会社設立代行業者の選び方、費用など会社設立方法の解説をしています。
会社設立WEBガイドについて

 会社設立は複雑で難しいという印象があるかもしれません。しかし、作成する書類や手順などが分かっていればそんなに難しいものではありません。

 『会社設立WEBガイド』では、会社設立の流れ、会社設立の方法、会社設立の費用、会社設立の手続き、会社設立の登記、会社設立の代行、会社設立後にする届出リスト、会社設立代行の選び方など、あなたの会社設立を手助けする情報を掲載しています。

会社設立WEBガイド 新着情報

会社を設立するためには、どのような手順で手続きを行えばいいのかわからない方も中にはがいらっしゃるかと思いま

す。しかし、会社設立の手続きは決して難しくはありません。新会社法の施行により、更にそれが顕著になりました。とは言ってもやはり会社と言うおおきなな組織を作るといった認識が、手続きが難解であると言う先入観を与えてしまうというのが現状だといえます。

そこで会社設立の手続きの手順をご紹介します。まとめてみることにより、その手順がわかりやすくなるのではないでしょうか。1.商号、目的、本店所在地の決定→2.会社の印鑑および印鑑証明書の作成→3.定款の作成→4.定款の認証→5.金融機関への出資金の払込→6.設立の登記に必要な書類・申請書の作成→7.登記の申請、会社謄本と印鑑証明書の収得、金融機関への提出→8.諸官庁への届出です。

このような手順が会社を設立するための主な手順です。このようにしてフロー形式にすると、決して難解ではないと思います。とは言え、各々の手続きに関しては時間的な拘束や移動などの必要が発生し、なかなかうまく進められないと言う方も出てくるでしょう。会社設立の手順自体は理解できても、物理的な問題で難しい場合には、代行業者に委ねるのも一つの方法です。

起業をするときには、大事になってくるものは会社名のネーミングですよね。他社の名前を見返してみたりして自分の会社の会社名を考えてみることも参考になりますよ。

事業計画を作るにあたり、事業名や会社名などが決まっていないとなかなか本腰が入らないものですよね。会社名は、これからのあなたの看板になってブランド化していくものです。そのような会社名をあなたがつけることはとても重要なことです。

まずは他社の社名を見てみることからはじめるとよいかもしれません。会社名の名づけ方にはさまざまな例がありますのでネーミングの特徴からグループ分けをしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、創業者の名前をそのまま会社名にするような場合があります。たとえば松下電器やホンダ、ブリヂストン(石橋)です。ブリヂストンはすこしひねりがはいっていますね。

そして製品名を会社名とする場合もあります。たとえばMixi、Kakaku.com、オラクルなどですね。また企業理念やサービスを連想する造語やことばなどもあります。例えばAll AboutやSoftBank、Docomoなどがあります。

あなたが世間の方に名の知れた方であれば自分の名前を名づけることはとても効果的だとおもいます。神田うのさんは自分の名前をいれたブランドをたちあげてジュエリーやドレスなどを展開しており、日本一有名なコンサルタントの大前研一さんは自分の名前を冠に掲げている会社名をつけています。

会社設立東京(http://www.office-takahashi.com/company/)とは、行政書士高橋周二事務所が運営しているウェブサイトです。会社設立東京は、東京都を中心にして会社設立のサポートを運営している行政書士事務所で、起業や会社設立をすばやく、格安で手助けしてくれます。

会社設立東京では、株式会社の設立を実費で20万円からと報酬金額は8万円でサポートしています。ウェブサイトには、新たな会社法による会社設立について説明がなされています。また電子定款を対応して印紙代にかかる4万円を節約するという説明もなされています。予約をすると、土日や夜間であっても会社設立について相談にのってくれます。

・会社概要

行政書士高橋周二事務所

所在地:東京都新宿区西新宿7-6-5-707

TEL:03-3361-7585 

FAX:03-3361-7610

Mail:info@office-takahashi.com

アクセス:JR新宿駅西口から小滝橋通り沿いを大久保方面に向かって徒歩で7分の場所にあります。JR大久保駅南口から小滝橋通りに出てから新宿方面に向かって徒歩で3分の場所にあります。都営大江戸線西口から徒歩で5分くらいです。西武新宿駅北口からは徒歩で5分です。

取扱業務:会社設立、ビザ申請など